◎カテゴリー別アーカイブ: テキサスについて

2012年07月12日

テキサス‐6

[ カテゴリー:テキサスについて

州の大部分は平原で、フラットな地形のテキサス州ですが、北部(Panhadle)のアマリロ市の近郊にGrand Canyonに次ぎ、全米で2番目に大きなcanyonがあります。その名前はPalo Duro Canyon. テキサス州立公園(stae park)となっています。西部劇のロケ地としても利用されることのある、壮大な景観です。



コメント (0)

2012年06月07日

テキサス‐4

[ カテゴリー:テキサスについて

ダラス・フォトワース(DFW)に駐在していた頃、苦労というか、気をつかったことに日本からの出張訪問者の接遇があげられます。とくにベル・ヘリコプターを保有、運航されている会社他、カスタマーといえる組織からの出張者に対しては、DFW空港への出迎えから始まり、駐在員の重要業務として対応しました。旅程の都合で、週末をDFWで過ごすことになった訪問者で、車(レンタカー)もご利用されれず、ご予定もない方々とは、ご希望を確認の上、週末を共に過ごすことありました。観光を希望された方々をよくご案内したのがフォートワースにあるSTOCK YARDとよばれる、昔の牛の集積場を整備し、観光資源としたところです。時期によっては、ロデオを開催する施設他もあり、各種ツーリスト用アトラクションも準備されています。STOCK YARD STATIONという駅もあり観光機関車が運行されています。フォートワースを訪問される機会がある方は、ぜひお立ち寄りください。



 

 

コメント (0)

2012年06月05日

テキサス-3

[ カテゴリー:テキサスについて

テキサス州内の観光都市といえるサン・アントニオ市内に所在する、元スペインの伝道所跡で1836年のメキシコとの戦いでは要塞となった〝アラモ〟には今でも多くの人々が訪問しています。劇場公開映画でも2度以上にわたり取り上げられたアラモの戦いは、テキサスの歴史において大きな意味を持つイベントとしてこれからも語りつがれていくでしょう。家族旅行も含め3、4回、訪れる機会がありました。

コメント (0)

2012年05月29日

テキサス‐2

[ カテゴリー:テキサスについて

地図を見るとテキサス州の北部には、人為的な直線で囲まれた部分があります。テキサス全体を大きなフライパンと見立てると、その部分は”とって”にあたるので、パンハンドルと呼ばれています。テキサスのDFW(ダラス・フォートワース)地域に駐在員として過ごした7年強の間、仕事他で州内の諸都市を訪れましたが、パンハンドルは遠かったせいもあり、訪問できずしまいでした。その後、一人旅で、DFW空港からレンタカーでアマリロ(Amarillo)に入り、ラボック、アビリーンを回りDFWに戻るという2泊のドライブ旅行をする機会を得ました。ちょうど、ベル・ヘリコプター・テキストロン社がV-22の組立工場の建設が始まっているころでした。このアマリロは、1920年代後半から廃止になる1985年まで、米国南西部の発展に寄与した、国道、Route 66の通過都市の一つとは聞いていたので、注意して走行していると、、”Historic Route 66″の看板、記念碑類を発見しました。当時の面影が保存されています。シカゴからサンタモニカに至る約3,800㎞の、The Mother Road, Route 66、ごく一部ですが、テキサス州内を横断していたのです。

コメント (0)

2012年05月10日

テキサス-1

[ カテゴリー:テキサスについて

転勤で2回、暮らすことになった米国、テキサス州についてはMLB、Texas Rangersで活躍する日本選手の活躍を伝える、現地映像に触れる機会も多く、日本における認知度の高い州のひとつと言える。全米50州のうち、アラスカを除き、日本の約1.8倍という最大の面積を持ち、2400万人が暮らす。空路の玄関はDallas Fort Worth 空港(DFW)。ネット検索で州および州内主要都市の情報・データはいつでもアクセスできるので、ここでは触れないが、同州にかかわる興味深い事実を紹介しておこう。 

Texas Embassy (テキサス大使館):                                   テキサス州は全米50州の中で、短期間であるが独立国であった時期(1836~1845)がある唯一の州です。 英国、ロンドンのNational Galleryの近くにTexas EmbassyというTEX-MEXのレストランがあります。(直近の訪問となる2011年5月時点でも営業中)以前、同店で食事をしたとき、独立国であったRepaublic of Texas が英国に設置した大使館(Texas Legation)の所在地情報を入手、それほど遠くなかったので現地確認(St. James Street, St James’s Palce)  しました。建物にその所在歴を示す銘板が埋め込まれています。インターネットでTexas Legationを検索すると確認することができます。なおパリ(フランス)でもTexas Legationの跡地が確認できます。

コメント (0)

2018 12月
S M T W T F S
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

◎プロフィール

野田真吾
エアロファシリティー株式会社 顧問
ヘリコプターのエキスパート
  • エアロファシリティ
  • エアロスカイアゴラ