2012年07月31日

航空機映画‐3

[ カテゴリー:映画との出会い

最近では、ほとんどの映画のDVDが1枚、1000円で購入でき、新しい作品でも、映画館での公開からDVD, Blu-Ray のリリースまでの期間が短くなっています。映画館で鑑賞し損ねた作品もしばらく待てば、DVD/Blu-Rayで購入あるいはレンタルできます。さらには見たい時に、高画質画像データを個人の端末機器に配信してくれるサービスもあります。さて、不思議なことに、日本で公開された映画でそれなりの評価を受けた作品にもかかわらずDVD化されていない作品があります。航空機映画の分野では、ビリー・ワイルダー監督、ジェームス・スチュワート主演の、米国人パイロット、チャールズ・リンドバーグによる大西洋無着陸横断飛行を描いた伝記映画、「翼よ、あれがパリの灯だ」が長い間、日本ではDVD化されず、米国出張時に米国版を購入しました。今年に入り、やっと、オン・デマンド・ベース(受注販売)となりますが、日本国内でも入手可能となっています。もうひとつ、日本版DVD/Blu-Rayが入手できない( 2012年8月現在) 航空映画の佳作がジョン・ウェイン主演の「紅の翼」(原題:The High & The Mighty、 1954年作品)です。元祖航空パニック映画といえるこの作品、米国でも長い間、DVD化されなかったようですが、2年前、米国で購入しました。日本ではなぜリリースされないのでしょう? アカデミー賞を受賞したディミトリー・ティオムキン作曲の美しいメイン・テーマは覚えておられる方も多いと思います。

コメント (0)

2018 12月
S M T W T F S
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

◎プロフィール

野田真吾
エアロファシリティー株式会社 顧問
ヘリコプターのエキスパート
  • エアロファシリティ
  • エアロスカイアゴラ