2012年05月06日

初めてのヘリ搭乗

[ カテゴリー:ヘリコプター(1)

ヘリコプターの仕事、それも輸入代理店で機体を担当している部署にいると、デモ飛行等で取り扱っている機種に業務で搭乗する機会があります。米国在勤時代を含め、多くのベル機に搭乗してきました。機体販売においては、性能、乗り心地、機内騒音等を、実際の飛行により体験しておくことが必要で、搭乗機会があれば、機体内外をじっくりと”観察”するとともに、パイロット、整備士から各種コメントを聞いておくことを心掛けてきました。デモ飛行ではありませんが、機体の振動調整後の確認飛行にベル社技術者との同乗を要請され、ベル222でかなりハードな飛行をした経験があります。またベル206L-1の西日本デモ・ツアーでは開催場所間の移動飛行も同乗させてもらえ、ヘリ利用の出張になったこともあります。ところで、ベル一筋のヘリ人生でしたが、生まれて最初に乗ったヘリはベル機ではありません。1977年7月1日付で企画業務部から宇宙航空部へ移動し、ヘリ担当となってすぐ、東京ヘリポートでエアロスパシアルSA360C “Dauphin”のデモ飛行が開催されることを上司から聞き、東京ヘリポートでの運航会社訪問と併せ、できれば同機に搭乗することを考えました。まだ業界で顔が割れていないこともあり、ある運航会社の社員ということで、搭乗を果たしたのです。搭乗日は1977年7月9日で、機体は東邦航空所属のJA9166でした。

コメント (1)

2020 11月
S M T W T F S
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

◎プロフィール

野田真吾
エアロファシリティー株式会社 顧問
ヘリコプターのエキスパート
  • エアロファシリティ
  • エアロスカイアゴラ