2012年05月28日

西部劇-1

[ カテゴリー:映画との出会い

最近では、「西部劇」という言葉を聞いて、すぐに何のことか判らない人もいると思う。我々、団塊ボーイズの中には、中学生のころ、テレビで連日、放映されていた、19世紀後半の米国西部を舞台とするWestern, 西部劇に親しみ、その後も愛好している人が多い、私もその一人である。つい先日、朝日新聞でその映画作品の人気ランキングがの結果が掲載されていた。一位は米国でも数ある同種アンケートの一つでやはりトップとなっている、ジョージ・スティーブンス監督作品(1953)の「シェーン(SHANE)」。どこから現れ、街の悪者を退治し、どこかに去って行くという日本の股旅ものに似たプロット、撮影ロケ地に選ばれたワイオミング州、グランド・ティトーン国立公園の素晴らしい景色、ヴィクター・ヤングの音楽、さらにタイトル・ロールを演じる、アラン・ラッドの名演技、脇を固める助演俳優の好演で、忘れえぬ作品となっているようだ。

コメント (0)

2019 11月
S M T W T F S
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

◎プロフィール

野田真吾
エアロファシリティー株式会社 顧問
ヘリコプターのエキスパート
  • エアロファシリティ
  • エアロスカイアゴラ